野谷久仁子
鞄クラフトマン

駒合わせを使ったポシェット

 駒合わせを使ったポシェット

はじめに

吉田カバンの創業者から受け継ぐ想いと技

革手縫い職人・バッグデザイナーとして活躍されている野谷 久仁子さんは、日本有数の鞄メーカー「吉田カバン」の創業者である吉田吉蔵(よしだ きちぞう)氏の次女にあたります。帽子デザイナーとしても活躍していたキャリアから生まれる技術に対する想いは、現在も真摯なものづくりの原動力となっているようです。

現在はハンドメイドによるレザークラフトの魅力を広めるため、東京都台東区今戸のアトリエでスクールも開催し、自ら講師として技術の指導にあたります。「ポーター表参道」の工房でも不定期に手縫いを実演するなど、生前の吉田氏が残した「多くの人に革手縫いの素晴らしさと楽しさを広めること」という想いを胸に活動しています。

奥浅草にある野谷さんのアトリエで手縫いの面白さと難しさ、活動への想いなどについてお話を伺いました。また、後半では立体的な鞄づくりに欠かせない技術「駒合わせ」を使った鞄づくりをご紹介します。

インタビュー

立体的な鞄づくりに欠かせない「駒合わせ」

鞄づくりは父から学びたかった

野谷さんはもともと帽子のデザイナーとしても活躍されていたと伺いましたが、なぜレザークラフトの道へ進んだのでしょうか?

当時、帽子はファッションのなかでもとても華やかなアイテムで、どうしても帽子を作りたかったわたしは、無理を言って学校に通わせてもらったんです。おかげで帽子デザイナーとしてウェディングや広告など素敵な仕事に携わることができました。その頃から、いつか帽子とセットで鞄をデザインし、作ってみたいという想いを抱いていたんです。子育てが落ち着いて、キャリアを再開するタイミングで父に相談したところ、鞄づくりの研修に参加してみないかと誘われたのがきっかけです。「そしたらわたしが教えてあげる」と言われて、背中を押されたような気がします。帽子は自分でどうにでもなるけれど、鞄はやっぱり父に教えてもらい、技術を残していきたいという想いもあり、そこから鞄づくりを学びました。

教わるのではなく、伝わるものもある

鞄づくりではどのようなことを教えてもらったのでしょうか?印象的だったことなどはありますか?

鞄づくりを教えてもらうことで、父とはたくさんの時間を過ごすことができました。技術に関しては「ここは大事なところだから、よく見ていなさい」といった感じで、教わると言うよりも見て覚える感じでした。あれこれ細かく指導するのではなく、わたしの作ったものを題材にして、どうすればもっと良くなるかを一緒に考えてくれるような教え方です。それよりも、鞄づくりに対する想いや姿勢など、仕事に対する気持ちを間近で感じることができたのは幸せなことです。いつも鞄を縫うときはきちんとネクタイを締めていたのを覚えています。天皇陛下の鞄を縫うときの鬼気迫る迫力は凄かったですよ。また、父は教えるだけでなく、よく聞いてもくれました。わたしが洋裁学校で学んだことや、わたしたちの世代がどんなことに関心を持っているかなど、さまざまなことに興味を持っていたのが印象的でした。戦争で捕虜になった話や革鞣しの技術についてなど、仕事のこと意外にもたくさんの話をしましたね。

針二本でなんでもつくれる技術

吉蔵さんの技術を間近で見ていて、凄いと感じることはどのようなところですか?

アトリエの一階にある「吉田吉蔵記念館」にも置いてありますが、手縫いでトランクを作っているときはその技に驚きました。レザーの表情が美しく、大切なものをしまって旅をするのに相応しい風格を備えたトランクです。縫い目も均一で、まさに「一糸乱れぬ」美しさです。平面的な造形だけでなく、立体的で頑丈なトランクをたった二本の針で作り上げたのかと思うと、本当に凄いなと感動しました。そのとき父が駆使していたのが、今回教える「駒合わせ」という技術なんです。わたしはいまでも「ポーター表参道」の工房でコインケースを縫っていますが、小さな世界に鞄づくりのすべての要素が詰まっています。もちろん、駒合わせも用いるのですが、何個同じものを作り続けていても難しいものです。小さなものでも大変なのですから、改めて父の凄さを実感します。しかも、本人はそれを事もなげにやってのけるのですから、技術者としても凄い人だったのだと思います。

人が使って完成する道具

いま、スクールで生徒さんにも教えていらっしゃいますが、手縫いのレザークラフトを作るうえで大切なことはなんでしょうか。

帽子や鞄というのは人の身体に密接に関わる道具です。持つ人に合わせて少しずつ馴染んでいくわけですから、できあがりがゴールではありません。使ってもらうことではじめて完成していく道具ともいえますね。極端にいえば「中に入れたものが落ちない」というのが鞄の最低限の機能だと教えていますが、そのために大切なことはやはり「基本の技術」だと思います。「こんなものを作りたい」という想像力を実現するために、世の中はどんどん進歩していきます。これからも新しい考え方や技術が生まれてくると思いますが、それでももとを辿れば基礎的な技術に辿り着くものです。わたしも何度も同じことを教えていながら、まだ新しい発見に気付くことがよくあります。生徒さんも技術が上達してくると、上質な革を使ったシンプルなデザインを求めるようになる傾向がありますが、ものづくりを通して「洗練される」というのがどういうことか、みなさん自然に学ぶのかもしれません。

ぜひ、良いものを知って欲しい

コロナ禍でものづくりをするひとが増えたと聞きます。なにかアドバイスはありますか?

道具や素材の良さを感じることは、ものを作るうえでとても大切なことだと思います。とくに、今は良い道具を作れる職人さんが減ってしまっています。わたしは父が使っていた「目打ち」をメンテナンスしながら使っていますが、そういう道具のメンテナンスの職人さんも減っています。仕事を頼まなければ、素晴らしい技術や文化も途絶えていくのでしょう。革の素材も、良い革とはどういうものか、何が違うのか知って欲しいと思います。良いものはそれなりに値段もしますが、使ってみることでなぜ高いのか理解できます。いろいろと試して違いを知るのは良い勉強になります。せっかく手を使ってものを作るんですから、良い道具を使って、良い革に触れることの喜びを大切にして欲しいです。そして、良いものを作れるようになって欲しい。基本的な技術をきちんと習得しながら、ひとつひとつ丁寧に作っていけば必ず上手になります。そうしてレザークラフトの楽しさが広がり、文化が残っていったら嬉しいですね。わたしもいま、新しい鞄のデザインに挑戦してますし、これからはパーツだけを作って販売しようかと考えているんです!

 

インタビュー:Kentaro Iida
写真:Tara Kawano

レシピ

駒合わせを使ったポシェットの作り方

型紙ダウンロード〔A3サイズ〕

※A3実寸サイズです。A3用紙に拡大縮小せずに印刷してください。


STEP.1

型紙に合わせて革を裁断します。

STEP.2

「トコノール」を使い、トコ(革の裏側)面とコバ(革の切り口)を整えます。

<達人のポイントアドバイス>
堅い帆布だと傷になりやすく、柔らかな木綿の布の方が擦り込むのに適しています。また、銀面(革の表面)にトコノールが付着するとシミになることがあるのではみ出ないように気をつけましょう。

STEP.3

「駒合わせ」をするマチの部分(パーツAとB)を少し曲げながら、中央から貼り合わせていきます。両端のはみ出た部分を「革包丁」で切り落とし、ヤスリ掛けをして磨きます。

STEP.4

各パーツに「ネジ捻」を使って捻を引きます。

<達人のポイントアドバイス>
歯の段差を利用して、短い方がしっかり革を噛むように引くのがコツです。パーツによって幅が違うので、慎重に引きましょう。

STEP.5

「貼り型」を使ってパーツに印を付け、ヤスリで荒らしてから各パーツ(D〜F)を貼り付けます。

STEP.6

「菱目打ち」を使い、すべてのパーツ(A~G)のネンを引いた場所に針を通す穴をあけていきます。「駒合わせ」をするマチの部分(パーツG)は貫通させず、半分より少し深いところまで刺さったら止めて抜きます。

<達人のポイントアドバイス>
最後の穴に歯を当てて、等間隔になるように穴をあけていきましょう。

STEP.7

「駒合わせ」をするマチの部分以外のパーツ(A~F)を「平縫い」します。

STEP.8

「駒合わせ」をするマチの部分以外のパーツが縫えたら、いよいよ「駒合わせ」です。コマをボンドでマチ部分に貼り合わせます。

<達人のポイントアドバイス>
この際に、少し加減を加えてずらしながら貼っておくことで縫ったときにかかる力で革の面が揃うようにするのがコツです。

STEP.9

二本の糸の長さを揃えてしっかりと縫いはじめます。針が通りにくいところは「菱キリ」を使って針が通るように道筋を作ります。片方の糸が通っているところは「丸キリ」で糸の道筋を作り、穴をあけながら縫っていきます。

駒合わせを動画でみる

<達人のポイントアドバイス>
片手でキリを持ったまま針を扱えるようになるとスムーズに縫えます。

STEP.10

カーブに沿って縫っていくと針穴がズレて斜めになってきます。ズレがひどくなってきたら、進んでしまっている方の針をもう一度同じ穴に通して帳尻を合わせます。これを「だまし縫い」といいます。

STEP.11

最後まで縫いきったら、3目縫い戻してボンドで糸を留めます。

野谷留めを動画でみる

<達人のポイントアドバイス>
通称「野谷留め」と呼ばれる糸留めのやり方で、見た目が綺麗なうえに強度も強いので、コマなど負荷がかかる部分の糸留めに便利です。

STEP.12

最後に、ストラップ or ショルダーベルトを留める「ギボシ」を付けて、フラップに折り癖を付けたら完成です!


型紙ダウンロード〔A3サイズ〕

※A3実寸サイズです。A3用紙に拡大縮小せずに印刷してください。

作者プロフィール

野谷久仁子

昭和17(1942)年、東京・神田に生まれる。帽子デザイナー、クリエイターとして活躍したのち、老舗鞄メーカーの創業者である父より、手縫いによる鞄作りのノウハウを学び、鞄クラフトマンとしての活動を開始。現在も手縫いに関する企画・制作、および後進の育成に携わっている。2011年3月浅草のアトリエにて、初心者の方に向けた基礎コースの教室を開講。