村上裕宣
m.rippleデザイナー

チョーキング付きペンケース

 チョーキング付きペンケース

はじめに

1枚の革を使って「立体構造」を作り上げる

フタを閉じてくるりと巻き付けられるチョーキングの付いたペンケースです。中を開いてみると底の部分にはマチもしっかりと用意されていて、収納容量もたっぷりの使い勝手のよいアイテムです。

今回ご紹介するレシピでは、側面の縫いと、収納スペースのマチとなる部分の立体構造を1枚の革を使って作り上げるテクニックを習得することができます。また、チョーキング部分で使用するレースの用意や括り方など、他のアイテムではあまり登場しないテクニックも学ぶことができます。

レシピ

チョーキング付きペンケースの作り方

型紙ダウンロード〔A3サイズ〕

※A3実寸サイズです。A3用紙に拡大縮小せずに印刷してください。


STEP.1

型紙を革に乗せて「目打ち」でトレースします。

STEP.2

「革包丁」で革を裁断します。

STEP.3

裁断したパーツを「トコ処理」します。

STEP.4

裁断したパーツの「コバ磨き」をします。

STEP.5

貼り合わせる部位、パーツに「サイビノール」を2ミリ幅で塗ります。

STEP.6

「サイビノール」が少し乾いたら、パーツを貼り合わせます。

STEP.7

縫製する箇所に、「デバイダー」で3ミリ幅の線を引いていきます。

STEP.8

線の上に「デバイダー」で4.5ミリ間隔で印をつけます。

STEP.9

印を付けたところに「菱ぎり」を使って穴を開けていきます。

STEP.10

縫製に使う「ロウビキ糸」を必要な長さで切ります。縫製する部分全体の4倍+10cmくらい長めに切りましょう。

STEP.11

ロウビキ糸の両端に「手縫針」をつけます。

STEP.12

「菱ぎり」で開けた穴に針を通して縫製していきます。

STEP.13

縫い終わりは「二目返し」にします。

STEP.14

糸を3ミリほど残してハサミで切ります

STEP.15

ライターで燃やして糸留めを行います。

STEP.16

ペンケースの底にあたる部分を開いて、「サイビノール」を塗って貼り合わせる。

<ポイントアドバイス>
このペンケースのクラフトには「1枚モノのパーツを使って立体的なマチを作る」というテーマがあるので、物が入るスペースとなる「縦と横の立体的な構造」を意識して作っていきましょう。

STEP.17

「デバイダー」で4.5ミリ間隔で印をつけます。

STEP.18

印を付けたところに「菱ぎり」を使って穴を開けていきます。

STEP.19

「菱ぎり」で開けた穴に針を通して縫製していきます。

STEP.20

ペンケース外側のコバを磨いて仕上げていきます。

STEP.21

ペンケースを留めるレースを作るため、「デバイダー」で4ミリ幅の線を引いていきます。

STEP.22

「革包丁」でレースを裁断します。

STEP.23

作ったレースの端を「革包丁」で斜めに切り落とします。

STEP.24

ペンケースのフタに、「ハトメ抜き」で穴を開けます。

STEP.25

開けた穴にレースを通します。穴を通した部分で輪っかを作り、そこにレースを2回きつく結びます。

STEP.26

結んだレースでペンケースのフタを留めて、完成となります。


型紙ダウンロード〔A3サイズ〕

※A3実寸サイズです。A3用紙に拡大縮小せずに印刷してください。

作者プロフィール

村上裕宣

レザークラフト歴25年。1997年にバイクに乗る際の身の回りのアイテムを自作したのがきっかけで、レザークラフトに魅了される。バッグ・財布・小物のクラフトを得意とし、メーカー勤務後、2012年よりレザーブランド「m.ripple」にて活動中。ショップ兼工房、ECサイト、百貨店ポップアップ、展示会へも多数出店し、企業とコラボも担当する。