村上裕宣
m.rippleデザイナー

マチ付き名刺入れ

 マチ付き名刺入れ

はじめに

使い続けて革の経年変化を楽しむ

「初めまして」のご挨拶の場面に、欠かすことができないアイテム名刺入れ。沢山の名刺を交換する営業活動でも、マチ付きの名刺入れなら気兼ねなく使うことができます。革は使い続けることで、色や艶が変化していきます。この革が持つ独特のエイジング(経年変化)を楽しめるアイテムをビジネスのお供にしてみてはいかがでしょうか。

今回ご紹介するレシピでは、レザークラフトの「切る」「貼る」「縫う」の基本工程はもちろんのこと、マチ部分の縫製で立体的なテクニックを習得することができます。

 

レシピ

マチ付き名刺入れの作り方

型紙ダウンロード〔A3サイズ〕

※A3実寸サイズです。A3用紙に拡大縮小せずに印刷してください。


STEP.1

型紙を革に乗せて「目打ち」でトレースします。

STEP.2

「革包丁」で革を裁断します。

STEP.3

裁断したパーツの「トコ処理」をします。

STEP.4

裁断したパーツのうち、名刺の入れ口にあたる部分の「コバ磨き」をします。

STEP.5

ホックを取り付ける穴を、パーツA・Bに開けます。(2カ所)

STEP.6

穴を開けた部分に、パーツABともにホックを取り付けます。

STEP.7

パーツAにマチを取り付ける「縫い始め」、「縫い終わり」の穴を8ヶ所開けていきます。

STEP.8

パーツAに、パーツを貼り合わせるため「サイビノール」を2ミリ幅で塗っていきます。

STEP.9

「サイビノール」が少し乾いたら、パーツBを貼り合わせます。

STEP.10

先に名刺入れのフタとなる部分を縫製していきます。縫製する箇所に「デバイダー」で3ミリ幅の線を引きます。

STEP.11

線の上に「デバイダー」で4.5ミリ間隔で印をつけます。

STEP.12

印を付けたところに、「菱ぎり」を使って穴を開けていきます。

STEP.13

縫製に使う「ロウビキ糸」を必要な長さで切ります。名刺入れ全体の4倍+10cmくらい長めに切りましょう。

STEP.14

「ロウビキ糸」の両端に「手縫針」をつけていきます。

STEP.15

「菱ぎり」で開けた穴に針を通して縫製していきます。

STEP.16

縫い終わりは「二目返し」縫いにします。

STEP.17

糸を3ミリほど残してハサミで切ります。

STEP.18

ライターで燃やして糸留めを行います。

STEP.19

名刺入れのマチとなる部分もSTEP8〜18の手順を繰り返して、縫製していきます。マチの部分となるサイドのパーツと本体の中央部分に「サイビノール」を塗り、貼り付けます。

STEP.20

「デバイダー」で3ミリの線をつけた上に4.5ミリ間隔で印をつけ、印を付けたところに「菱ぎり」を使って穴を開けていきます。(STEP10〜12と同様)

STEP.21

「菱ぎり」で開けた穴に針を通して縫製していき、縫い終わりは「二目返し」縫いにします。(STEP15〜16と同様)

STEP.22

ライターで燃やして糸留めを行います。(STEP18と同様)

STEP.20

名刺入れのフタ部分の角を「革包丁」で少し切り落とします。

STEP.24

仕上げに全体を「コバ磨き」します。

STEP.25

全体を磨いて、光沢感が出たら完成となります。


型紙ダウンロード〔A3サイズ〕

※A3実寸サイズです。A3用紙に拡大縮小せずに印刷してください。

作者プロフィール

村上裕宣

レザークラフト歴25年。1997年にバイクに乗る際の身の回りのアイテムを自作したのがきっかけで、レザークラフトに魅了される。バッグ・財布・小物のクラフトを得意とし、メーカー勤務後、2012年よりレザーブランド「m.ripple」にて活動中。ショップ兼工房、ECサイト、百貨店ポップアップ、展示会へも多数出店し、企業とコラボも担当する。